キャスト・スタッフ

キャスト・スタッフ

プロデュース・監督 稲塚秀孝
語り     仲代達矢
テーマ曲  ロベルト・シューマン作曲 「子供の情景より 『トロイメライ』 」

出演
佐藤泰志   村上新悟
杉本凌ニ   坪内 守   大塩ゴウ   平田康之   鎌倉太郎  鈴木 豊
神林茂典   本郷 弦   樋口泰子   松崎謙二(ナレーション)
佐藤幸子   加藤登紀子

証言
西堀滋樹  北村 厳  四宮良子  上平 明  従二元久  関口精治
藤川 厳  井田ゆき子  平 智則  酒井俊朗  石毛良子 長谷川圭作
地原孝造  矢島 収  木村 昇   小松美知雄 小山鉄郎  黒岩史成
福間健二   釣谷一博

出演協力
木村さちよ  仙石智義  林佐知子  原田泰輔  飯塚  優  小山内 萌
吉田 悟   斎藤俊英  野口歌穂  小野青葉  尾山朋幸  瓜田健人
藤山信之  壬生雄大  玉井隆介  加藤ことね  佐々木康弘  福田理沙
酒井正輝  尾山幸二  高野順子  嶋村京子  畠中考秀   関谷勝巳
伊藤 黎  石黒綾人  澤田圭人  工藤史裕  小林元気   丸谷由美子
江繋沙織  佐藤秀昭 (函館西高校)  函館高等技術専門学院 建築科の皆さん

協力
文藝春秋  河出書房新社  集英社   新潮社  北海道新聞社  毎日新聞社
共同通信社  無名塾  トキコプランニング  仕事  劇団メンソウル
ジョイントオフィス  函館市文学館  北海道立文学館  国立国会図書館
日本中央競馬会  逓信総合博物館  たいとう歴史都市研究会(菅原 章)
西堀滋樹   陳 有崎  はこだてフィルムコミッション(広部卓也)
渡島蔬菜農業協同組合(坂口雄一)  函館市水産物地方卸売市場
函館山ロープウエイ  函館市地域交流まちづくりセンター
劇団G4  想苑  北海興業  函館公園  杉の子 栄文堂書店
NTT東日本函館支店  澤田展人  アウルビジョン イメージランド
シネマアイリス アウラ  トライポッド 新美容出版

映像提供  NHK

取材協力
岡村貴千次郎  髙木 有  阿部晴政  鈴木文彦  村上和宏   和賀正樹
土田キヌ     浅野元広  澤田展人     土屋芳雄

写真協力   金丸大作  浜口タカシ

題字      西本直代

スタッフ
撮影  進藤清史   作佐部一哉
音声  内田丈也   斎藤 泉  武田脩平
照明  男澤克幸   川島孝夫
美術  庄司 薫(NHKアート)   嶋村 崇(NOAR)
音効  塚田 大
EED  金井 猛  佐藤 幸   ミキサー  永田恭紀
助監督 岩田大生 池田春花
編集  油谷岩夫
製作  タキオンジャパン

日本芸術文化振興会 助成作品
2013/日本/カラー/HD/91分

【監督プロフィール】

◆稲塚秀孝

1950年北海道苫小牧市生。苫小牧東高校→中央大学文学部哲学科卒
1973年~テレビ番組製作会社「テレビマンユニオン」で番組製作。
「遠くへ行きたい」「オーケストラがやって来た」、三時間ドラマ「海は甦える」を始め、ドキュメンタリードラマ製作に携わる。
1985年~タキオン設立、現在 株式会社タキオンジャパン 代表取締役

<フィルモグラフィー>
『二重被爆』(2006年)
『二重被爆~語り部・山口彊の遺言』(2011年)
『フクシマ2011~被曝に晒された人々の記録』(2012年)
『書くことの重さ~作家 佐藤泰志』(2013年)

くることの重さ:映画のキャスト

映画やドキュメンタリーのキャストとクルーは、プロジェクトの作成、プロセス、成功に不可欠です。 91分の映画「カクコトノモサ」や「執筆の重み」は、確かにキャストやクルーから多大な時間と労力を費やしました。このプロジェクトの実現に貢献した重要なグループや人々のいくつかを見てみましょう。 

キークリエイティブチーム

十分なキャストと制作クルーのメンバーがいなければ、映画を制作することはできません。プロジェクトのためには、優秀な乗組員を選ぶプロセスが重要です。人が仲良くなったり、一緒に仕事をしたりしないと、後の制作で問題が発生する可能性があります。彼らが言うように、プロジェクトの生と死がここで危機に瀕しているので、これらの人々は互いに補完し合い、深刻な紛争なしにスムーズに実行できなければなりません。 

制作の規模と完成までの作業量にもよりますが、本格的な制作には数百人もの人が必要になる場合があります。このような大規模なプロダクションでは、乗組員が参加してオフセットしているため、全員が会う機会が得られるわけではありません。それにもかかわらず、制作におけるこれらの重要な役割を選択するプロセスは、スムーズな映画製作プロセスに不可欠です。カクコトノモサの重要な制作クルーは、映画業界では有名でも有名でもないかもしれませんが、彼らは彼らの仕事に非常に優れています。

稲塚秀孝(監督・プロデューサー)
映画の監督・プロデューサーである稲塚秀孝は、中央大学芸術文学部哲学専攻を卒業。彼は10代の頃から映画が大好きで、テレビマンユニオン、I Want to Go Far、The Sea isRevivedなどの他のテレビ番組やドキュメンタリーを追求していました。 

映画セットでの監督とプロデューサーの仕事は、主にすべてを主導し監督することです。プロデューサーとして、映画を作るプロセスがスムーズに進むようにするのは彼の責任です。その他の責任には、財務問題の処理、スクリプトの完成、制作チーム全体の管理が含まれます。一方、監督は、撮影してすべてをまとめる際に、映画自体に焦点を当てます。彼は、シーンをどのようにパッチするか、および俳優がセット内をどのように移動する必要があるかを決定します。

仲代達矢(ナレーター) 

仲代達矢は、著名な映画で演じた多くのキャラクターで知られる日本の有名な俳優です。彼は1932年に東京で生まれ、22歳のときに映画「七人の侍」で俳優としてのキャリアをスタートさせました。そこからキャリアが急上昇し、87歳で活躍。「くることの重さ」のナレーターを務め、佐藤泰志の生涯を語る。

すべての映画にナレーターがいるわけではありませんが、ドキュメンタリーやテレビ番組では一般的です。彼らは映画のストーリーテラーとして機能し、単に画面に表示されるものよりも多くの情報を視聴者に提供します。ナレーターは通常、プロジェクトに選ばれるために、優れた声、言葉遣い、発音を持っている必要があります。

ロベルト・シューマン(作曲家)
ロベルトシューマンは1810年6月にドイツのツヴィッカウで生まれました。彼は有名な作曲家および評論家に成長し、すぐに映画業界のロマン派時代で最高の1人になりました。彼の最高の作品には、カーナバル、クライスレリアーナ、交響的練習曲などがあります。映画「では、制作メンバーが「という作品を選んだ角ことのうもさトロイメライ」」「子供のシーンから」 

。映画やドキュメンタリーを制作する上で重要な要素のひとつは音楽だ。シーンに適切な音楽が伴わないと、作品は空っぽで不完全に見えます。これは、シーンが幸せであろうと悲しいものであろうと、良い曲を聴いて、視聴者にアピールするものの一部です。作曲家が映画の選択プロセスに含まれている場合、作曲家は監督、プロデューサー、音楽監督者と緊密に連携します。 

佐部和也(作家)
物語をまとめて完成させるのは脚本家。この人物はプロデューサーと緊密に協力して、アイデアや、撮影プロセス中にストーリーがどのように流れるかについて話します。ドキュメンタリーの場合、作家は詳細な台本を作成するのではなく、ストーリーテリングプロセスの流れを支援します。 

キャストメンバー

映画は、才能のある俳優の名簿がなければ、制作と撮影を開始することはできません。これらのキャストメンバーは、監督、脚本家、プロデューサーのビジョンを実現するメンバーであるため、プロセスの重要な部分でもあります。俳優は、観客とつながり、彼らの役割をうまく表現する責任があります。

テレビ番組やドキュメンタリーを作成する際、俳優やキャストメンバーは最小限のスクリプトに従い、実際のイベントを再現する場合にのみ使用します。ドキュメンタリーでは、お客様の声や被写体のショットが中心となり、角琴もももも例外ではありません。これら は、佐藤の人生の過去と現在を演じる監督のおかげで、このドキュメンタリーに当てはまります。彼はこれを、過去のタイムラインからジャンプして、証言とともに現在に移動し、その後、過去の出来事をもう一度思い出すなどして行います。 ここでは映画の中で描かや自分の考えを共有した人たちです。

  • 泰佐藤
  • 村上信五
  • Ryoni杉本
  • 守坪内
  • 康之平田
  • 太郎鎌倉
  • 豊鈴木
  • 重徳上林
  • ゲン本郷
  • 康子樋口
  • 健二松崎
  • 幸子佐藤
  • 加藤登紀子

共演は、二次またはサポート俳優としての役割を果たすまたは別の俳優が利用できない場合のアンダースタディとして。クルーのメンバー、特に作家、監督、プロデューサーとして、主演の役割を持っているか共演者であるかにかかわらず、すべてのキャストメンバーとの良好な関係を持つことが重要です。この立場は、組織や施設などの人間以外のエンティティにも適用できます。ここでは映画の共演者のリストは以下のとおりです。

  • 幸代木村
  • 幸代戦国
  • 幸子林
  • 泰介原田
  • ゆう飯塚
  • 萌えKoyamauchi
  • 吉田悟
  • 斉藤俊秀
  • Utaho野口
  • 青葉小野
  • 智之大山
  • 岳人Urita
  • 信行藤山
  • 壬生雄大
  • 玉井隆介
  • 加藤由紀子
  • 高野隠す
  • 克己関谷
  • レイ伊東
  • 石黒綾人
  • 澤田圭人
  • 工藤
  • 小林
  • 由美子丸谷
  • 源樹沙織悦木箱立西
  • 英明佐藤
  • 高校
  • 函館先端工科大学
  • 建築学科

証言

テレビ番組やドキュメンタリーの大部分は個人的な証言です。このタイプのストーリーテリングは、ドキュメンタリーに対してより個人的なアプローチを提供できるため、視聴者にアピールします。この映画の場合、佐藤泰志を個人的に知っている人たちから直接情報を聞く機会がありました。彼らの証言は彼らとように感じ 、まるであなたが同じ部屋にいて、一対一の会話をしているます。 ストーリーと証言を提供した人の一部は次のとおりです。 

  • 西堀重樹
  • 北村誠吾
  • 晃宇和平崎口恭司警策暢夫
  • 元久
  • 藤川球児
  • 井田
  • 友則坂井
  • 利郎石毛
  • 長谷川
  • 幸三千​​原
  • 昇木村
  • 小山
  • 健二福間

乗組員とスタッフ

他の乗組員はすべてを受け取りません。彼らが映画で行うことに対する認識の観点からの華やかさと魅力。これらは、制作のあらゆる側面が適切に行われ、完全に実行されていることを確認するために舞台裏で働く人々です。 

進藤清文(写真家)
セットでの写真撮影など、通常の写真家としての業務以外に、大画面でのショットやシーンの見え方を特定する責任があります。撮影監督または撮影監督は、観客の視点からショットを見て、配信が完璧であることを確認します。 

オトコザワカツユキとカワシマタカオ(照明)
明るいセットは、乗組員、特に観客にとってのみ有益です。照明とは、単にセットを照らすことを意味するのではなく、特定のシーンやショットのムードに合わせて色や明るさを変更することもできます。映画は視覚的な媒体であり、実際の俳優がいる場合でも、ショットやシーンの全体的な美学はストーリーテリングに不可欠です。

庄司薫と島村隆(アート)
ほとんどのドキュメンタリーやテレビ番組には、CGIやグリーンスクリーンショットの形でさまざまなアート作品があります。ただし、この要素は通常、ドキュメンタリーには存在しません。代わりに、アートは古い写真や絵のようなシーンに見られます。 

塚田大(効果音)
映画製作のもう一つの重要な側面は効果音です。例としては、足音、不明瞭な声、ドアが開くなどがあります。実際の撮影中のオーディオが最適でない場合があるため、サウンドチームによって改善または再作成されます。 

湯谷岩夫(編集者)
制作において重要な役割のもう一つは、編集長です。撮影後、この部門はシーンをまとめてパッチを適用し、連続性を確保し、各シーンがスムーズに移行するようにします。その後、最終製品は主要メンバーからの承認のために準備され、リリースのために完成されます。