の生活についてもっと知るディスク

の生活についてもっと知るディスク

「ことの重さ」の「書くことの重さ」は、絶賛されている日本の映画にインスピレーションを得たものです。佐藤泰志の生涯によって。この映画、日本の文学界で賞を獲得しました 

は、ドキュメンタリーであるため、映画のキャストが自ら演じたため。映画を可能にしたのは、カメラの後ろにいる乗組員です。この絶賛された映画のキャストとクルーのメンバーと、彼らが今この詳細な記事のどこにいるのかを知ってください!

今日のキャストとクルーのメンバーはどこにいますか?

キャストとクルーの両方が映画に命を吹き込むには、ハードワークと献身が必要です。このドキュメンタリーの背後にいる人々と、2013年に映画が完成した後の彼らの状況を知る。 

佐藤泰志

この映画は彼のライフストーリーに触発されているため、彼は映画の主人公と見なされています。彼は1990年9月に自分の人生を取り戻したため、この映画が大画面で作成または上映されるのを見るために生きていませんでした。彼は小説の執筆と映画の作成にキャリアを築くことに集中しました。彼の人生は悲しい終わりを迎えましたが、彼の話はまだ老いも若きもインスピレーションを与えてくれます。 

稲塚秀孝

彼はこの絶賛された映画の監督兼プロデューサーです。彼の生涯を通じて、この映画は彼の情熱とインスピレーションの源であり、それが彼が中央大学に通い、芸術と手紙のプログラムで勉強した理由です。卒業後、エンターテインメント業界でのキャリアを追求し、スキルを磨き、この分野で非常に著名になりました。 

『The Weight of Writing』がリリースされた後、彼は「ノリンテン」というタイトルの別の映画に取り組むことができ、そこで監督を務めました。今日まで、彼は映画を作る彼の技術に努力し続けています。 

仲代達矢 

他の真面目なドキュメンタリーと同じように、この映画は著名な声優によってナレーションされています。達也は、さまざまな日本の映画に出演している有名な日本の俳優です。映画「七人の侍」に初出演した22歳の時から業界に携わっている。日本の有名な監督である黒澤明は、達也と一緒に仕事をするのが大好きでした。彼は黒澤の6本の映画に出演し、彼のキャリアをさらに繁栄させました。 

彼は70年間にわたる俳優としての彼の成功したキャリアのために、生涯功労賞を受賞しました。日本映画のアイコンと見なされている達也は、今日まで演技の技術を実践しています。 

佐部和也

この映画の脚本を書くことで、和也は輝きを放ちました。彼のキャリアはこの映画の前にまだ確立されていません。今日まで、彼はまださまざまな作品や脚本を書いていますが、執筆の重みの悪評を十分に獲得していません。 

コメントする